衣替え時期

    公開日:2024年04月12日

    ~冬から春、春から夏に~

    『えっ!!』ってなった事ありませんか?

    最高気温が15~20度ほどの気候が、冬服から春服へと衣替えの最適な時期になります。最高気温が22度くらいには夏服の準備も必要になります。 クリーニングに出して保管していた服を、一年ぶりに出してみて、『えっ!!』ってなった事ありませんか?クリーニング直後には目立たなかったシミや汚れが…。『保管の仕方が悪かったのかな?』と思ってしまいますよね。
    でも、保管の仕方が原因でない場合があります。大切な洋服だからこそ、ドライクリーニングに出していませんか?実はここに原因が…!?

     ●ドライクリーニング特徴

      一切水をつかいません。   有機溶剤で油性の汚れをよく落とせ、型崩れや縮みなどを防ぎ洋服のトラブルを避ける事ができます。しかし、手あかや汗シミや尿のシミ、血液や醤油のシミなどは落ちません。

     ●ウエットクリーニング特徴

      水と専用の洗剤を使う。

    衣類の型崩れや縮みを抑えながら、ドライクリーニングでは落とせない汗や飲食物などの水溶性の汚れを落とします。

    見た目に目立たなかった汚れやシミは蓄積されて、一年後には、シミや汚れが目立ってしまう事があります。

    素材の性質上、水洗いが不可となっている衣類もウエットクリーニングが可能な事も多いです。

    大切なお洋服の保管の前に、お見せください。

    最適なクリーニングをお教えいたします。