クリーニングに出す前!後!

    公開日:2024年06月14日

    ~持ち帰った後には~

    【出す前】

    クリーニング店では、店頭でお預かりする際、お客様と一緒に汚れやシミなどのチャックなどを行い、その後も再度、ポッケの中身やほつれ箇所などのチェックはを必ず行ってからお手入れを行います。

    しかし、店頭でお預かりする際のチェックで、シミ箇所、ボタンのゆるみや、購入した際の生地やボタンの予備などに、気づかず入ったままになっている場合など、見落としがある場合がございます。

    大事なお洋服をお預かりいたしますので、後のトラブル防止のためにも、出す前にご自宅での確認をお忘れなく。

    【持ち帰った後】特に大事!!

    クリーニング店では、お持ち帰り用にハンガーに掛けて、ナイロンで覆う状態でお返しいたします。この状態はお持ち帰りの際の型崩れや汚れ防止のためのものになります。

    ホコリや汚れ防止でそのままの方が良いのでは?と悩まれる場合がございますが、ナイロン包装は湿気がこもりカビの原因や、クリーニングの際の溶剤の匂いがとれなくなったり、空気の循環が悪くなり、空気中に含まれる窒素ガスなどの成分に触れ続けるて変色を起こす可能性があります。

    また、クリーニング店のハンガーは比較的細いものが多く、長時間では肩周りの型崩れを起こす必ず原因になります。

    ご自宅に戻られ、仕舞われる際は、ナイロンから出してから一度陰干しを行い、日光や蛍光灯の紫外線が当たらない場所で、出来れば不織布の衣類カバーなどを使用し、肩部分が服の肩幅に合ったものや厚みのあるハンガーなどで、保管されることをおススメいたします。